スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合肌

日本人に一番多いといわれている、混合肌についてです。

特徴:Tゾーンは脂っぽいのに、ほかは乾燥する
   きめが整っている


混合肌の方に良く聞かれるのが
「乾燥するし、脂っぽいし、どうしたらいいの?」

困っちゃいますね。
Tゾーンとほかの部分で違うもの使うのも面倒だし。

しかしですねこのお肌も基本はおなじです。

1.汚れをとる
2.水分補給

脂っぽいTゾーンは空気中の汚れも吸着してしまします。
なのでクレンジングを念入りに。

また、肌の汚れを吸着させる泥のパックなどでTゾーンをお手入れするもの効果的です。

Tゾーンに泥パックをぬってその上からローションパックのコットンを顔全体に貼り付けると一気に全体のお手入れができます。

このタイプのお肌は環境や季節の変化に影響を受けやすいといわれています。
季節の変わり目にトラブルが出やすくもあります。

日ごろからしかりお手入れをしていろいろな変化にもまけないお肌つくりをすることが大切です。

これは全てのお肌タイプにいえることですが、毎日のお手入れがきれいなお肌を作ります。
きちんとおていれをしている肌は本当にちがいます。


美しい肌(潤い、なめらかさ、ハリ、弾力、血色がいい)をめざして日々のおていれ頑張ってくださいね。


 

お肌の話 続き

本日は乾燥肌について。


特徴:きめ細かい
   汗、皮脂の分泌が少なく新陳代謝が鈍りがち。
   

私からするといつもお肌がサラサラでうらやましいです。

乾燥肌はお手入れは簡単!
足りないものを補うだけです。

乾燥肌もお手入れの基本はおなじです。

水分補給。

ただし、乾燥肌のかたは油断するとしわになりやすいので目の周りや口の周りは念入りに。
美容液やクリームは数回にわけて塗りこみましょう。

マッサージは週に2,3回が理想的です。
力をいれず、手の暖かさをお肌に伝えるようにやさしく行います。

乾燥肌は疲れやストレスの影響をうけやすいといわれています。

疲れを感じたときに手軽にできるローションパックでお肌をいやすのもおすすめですよ~!


がんばってみてくださいね^^





お肌タイプのお話

今日は肌タイプについて書きます。

まずは自分のお肌から。
脂性肌。

特徴:メイクをしてもすぐテカる
   きめが粗い
   毛穴が目立つ


ほんとにやっかいです。
朝、きれいにメイクしてもすぐにてかってしまって、気づくとメイクがとれてたりします。
おまけに、油断するとすぐニキビができてしまったり。
年齢を重ねていくと、たるみやすいのも脂性肌なんですよ。

でもちょっとしたことでお肌を改善させることができるのですよ~!

まず、脂性肌のひとは「脂っぽいから乳液とかつけない」という方が多いですがこれは間違いです。

保湿のものをつけないと肌が「乾燥している!脂をだして潤いをあげないと!」と働くため、かえって脂性に拍車がかかってしまうんです。
なので乳液やクリームはちゃんとつけましょう。


脂性肌のお手入れの基本

汚れを取り除く→丁寧にやさしくクレンジングしましょう。
水分を与える →化粧水でお肌を整えてから保湿の美容液を。

マッサージは週に1回ぐらいしてあげるといですよ^^
マッサージの後はお肌が栄養を吸収しやすいときなのでパックを。


炎症ニキビがあるときはマッサージをせずにパックだけしてください。


お手入れの基本は内側から外側。
クリームなどをのばすときは内から外へむけてのばしてくださいね。

のばすときはパッパとつけるんじゃなくて、丁寧に「お肌にはいれ~」という気持ちで。
美容液などは数回に分けて塗りこむとどんどんお肌に入ります。

忘れがちなのが首!!

首もお顔と同じお手入れをします。
首にクリームなどをのばすときは上から下に向かって塗ります。
鎖骨に悪いものを流すような感じで塗ります。

しわが気になる首にはしわに沿って中指でクルクル。
しわだけにいれてあげます。


文章に書くとめんどくさい感じも否めませんが、美肌を手に入れるためには必要なお手入れです。
毎日やると、同じ年頃の女性に差をつけることができます!!

沢山のお客様を見てきましたが、おうちでもきちんとお手入れしてる方はやっぱりお肌がちがいます。

がんばってお手入れしましょうね~^^
やりかたや、不明な点はなんでもお答えします^^

水分補給!!!

本日は水分補給について書きます。

水分補給って、良く聞くけど、いったいなにさ?

そうお思いの方も少なくないと思います。

本日はお肌への水分補給について


お肌の手入れの基本は、汚れをためないことと、水分補給です。

まず、汚れがたまっていると肌に水分が入りにくくなります。

クリームタイプ またはミルクタイプのクレンジングでしっかり、メイクや日焼け止め、外の汚れを浮かせます。

黒ずみがきになる小鼻や、ザラザラがきになるあご先などは念入りに。
ただし、力をいれてゴリゴリはしないでくださいね。

その後、洗顔しいよいよ化粧水です。
理想的なお肌にするためには、コットンの使用をおすすめします。

化粧水をたっぷり含ませたコットンで、ふき取りします。
これは、クレンジングで取りきれなかった汚れや、古い角質を取り去る役目です。
首、耳なども一緒にふくと、綺麗になります。

そして新しいコットンにまたたっぷり化粧水を含ませてパッティング。
これは力まかせにバチバチたたくのではなく、やさしく、お肌をいたわるようにたたきます。
コットンが、パサパサになったら、さらに化粧水を足してパッティングします。
ポイントはお肌がひんやりするまで行うこと。
それが化粧水がお肌に入った合図です。

パックをするときは、
化粧水ふきとり→パック→パックオフ→化粧水ふきとり→パッティング
の手順で行うとお肌も喜びます^^

化粧水でお肌を整えたら、水分補給の美容液をつけます。
化粧水だけではお肌に水分を閉じ込めておくことができません。
美容液で、お肌の奥から潤わせるのです。
そのあと、朝は、日中用の乳液またはクリーム、夜はナイトクリームをつけます。

これでお肌への水分補給は完了です。

めんどくさ~い という方も、1週間お手入れを続けてみるとお肌に違いが出てくるのを実感できるはずです。
何事も継続は力なり。
美肌を手に入れるためには努力が大切です。

がんばって^^
最近の記事
プロフィール

yayopann

Author:yayopann
エステティシャンです。
お肌のことなど、相談も受け付けます!
写真等の転載を硬く禁止いたします。
お肌の相談事はこちら
yayopann@yahoo.co.jp

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

<

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。