スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーシェパード

捕鯨に反対!の次はマグロ漁に反対だそうです。

日本では縄文時代から鯨は食べられていました。
当時は鯨一頭で町中がうるおったことでしょう。

鯨の油は燃料にもなりました。
ひげはばねの代わりや、クシなどに。
骨は肥料にもなったそうでまったく捨てるところのないものだったようです。

日本だけではなく、アメリカ、オランダ、ノルウェー、カナダなどでもその昔、捕鯨はなされておりました。

やはり日本と同じく、油をとったり、手芸品の材料にしたりいろいろしていたようです。


時代がうつりかわり、海のなかもかわりました。

鯨を捕るには外海のもっと遠いところまで行かねばならず、燃料や人件費もかさむ。
おまけに、燃料は鯨の油でなくてもいい時代に。
手芸品や日用品にくじらのひげなどを使わなくてもよい時代になりました。

そこで捕鯨をしなくなる国もでてきました。

鯨の数も少なくなってきているようだ、という意見もあり、捕鯨はやめるべきだという意見が多くなりました。

鯨は知能の高い動物だから食べてはいけない、とか捕鯨の仕方が残酷だからやめるべき。
という意見もあります。

じゃあ、牛や馬、鳥、豚とかその他食べられてる動物は?
知能が高くないのは食べていいなら、知能の低い人間も食べていいのか?
あほらしい意見ですねw

日本人のはるか昔から続いている食文化に口出しするのはやめてほしいですね。


捕鯨をしない国が増えて、鯨がふえると何が起こるか。
まず、海のなかのピラミッドが崩れます。


鯨はあの大きさで食べる量も半端じゃないですから、ほかの魚も少なくなります。
鯨が何をたべて、どう生活しているか。そのための調査捕鯨を日本はしています。
むやみやたらに乱獲してるわけではありません!!


クロマグロ漁も禁止にするらしいですが・・・・・。


クロマグロが少なくなったのは全世界で寿司が食べられているせいもあるのだとか。
日本の食文化が世界に広まり、日本人だけの味覚であったまぐろのおいしさに世界の人も気がついてしまったのです。

「やっぱり寿司はトロだね~」
なていいながら食べてたらいつの間にか数が少なくなってる!!
寿司を広めた日本が悪い!!!
マグロを守ろう!!
って事になったのでしょうか。

いずれにしてもあほらしい話。

とにかく、日本の調査捕鯨船はシーシェパードの妨害なんかに負けないでほしい!!
日本は馬鹿にされてるよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

yayopann

Author:yayopann
エステティシャンです。
お肌のことなど、相談も受け付けます!
写真等の転載を硬く禁止いたします。
お肌の相談事はこちら
yayopann@yahoo.co.jp

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア

<

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。